ホーム > 業種・職種 > 法曹 > どの段階で何をする?業務の流れでわかる! 遺言執行業務(相続法改正対応版)

どの段階で何をする?業務の流れでわかる! 遺言執行業務(相続法改正対応版)

どの段階で何をする? 初めてでも大丈夫!業務の流れで理解する 弁護士のための遺言執行業務

定価

3,740 (本体:3,400円)  

編著者名

東京弁護士会 法友全期会 編著

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06953-4
発刊年月日 2020-02-04
判型 A5判 / C2032
ページ数 448
巻数 / 遺言執行業務
商品コード 069534
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)
価格・ページ数は変更とる可能性がございます。
※商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

どの段階で何をしたらよいのか?が分かるように、相続法改正の内容を押さえながら、“遺言執行業務の流れ”に沿って解説。さらに、弁護士として知っておくと良いこと(例えば、上記課題で挙げた「銀行による対応の違い(取引履歴、残高証明の請求 等)」をコラムで紹介。

目次

序章 弁護士業務としての遺言執行
   第1節 遺言執行総論
   第2節 遺言執行者の地位と権限
   第3節 "弁護士が遺言執行者に就職する場合

第1章 遺言書作成から関与する
   第1節 遺言者のニーズを把握する
   第2節 遺言書の種類を選択する
   第3節 自筆証書遺言を作成する
   第4節 公正証書遺言を作成する
   第5節 具体的な遺言書の書き方
   第6節 遺贈
   第7節 特定財産承継遺言
   第8節 配偶者居住権
   第9節 持戻し免除の意思表示
   第10節 遺留分
   第11節 遺言書の保管および探索

第2章 遺言執行者に就任する
   第1節 遺言書・相続人を探す
   第2節 遺言で遺言執行者に指定された場合
   第3節 裁判所による遺言執行者の選任
   第4節 遺言執行者が複数のとき

第3章 遺言執行業務を行う
   第1節 遺言執行者の権利義務
   第2節 遺産管理人等と遺言執行-相続人不存在の場合を中心に
   第3節 遺言対象財産の管理開始
   第4節 財産目録の作成・交付
   第5節 特定財産承継遺言の実現
   第6節 遺贈の履行
   第7節 債務の弁済と相続財産の破産
   第8節 遺言による財団の設立・信託の設定
   第9節 遺言による認知
   第10節 遺言による推定相続人の廃除
   第11節 祭祀承継者の指定
   第12節 生命保険金の受取人の指定・変更
   第13節 相続人の処分行為があった場合

第4章 遺言執行業務におけるトラブルに対処する
   第1節 遺言執行者と訴訟・調停
   第2節 遺言と異なる遺産分割
   第3節 遺言執行者解任審判の対処法
   第4節 渉外事件と遺言執行
   第5節 遺言執行者として懲戒請求されないために

第5章 遺言執行業務を終了する
   第1節 遺言執行者の地位の喪失
   第2節 遺言執行費用の清算
   第3節 遺言執行者の報酬

フロー図 全体の業務の流れ

商品の特色

・遺言作成関与から実際の執行まで、どの段階で、何をしたらよいのか?遺言執行を〝業務の流れ〟に添って解説する唯一の書!

・相続法改正に完全対応!

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ