ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 自治体職員のためのようこそ地方自治法[第3版]

自治体職員のためのようこそ地方自治法[第3版]

・初めて地方自治法に触れる方のための“超”入門書
・初任者研修、公務員を目指す学生にもピッタリの“超”入門書

定価

2,200 (本体:2,000円) 在庫あり

編著者名

板垣勝彦 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-06924-4
発刊年月日 2020-01-29
判型 A5判/C0032
ページ数 228
巻数 / ようこそ自治3
商品コード 069245

商品概要

自治体に入庁間もない職員や、技術系職員、高卒職員など、地方公務員にとっての基本法である「地方自治法」に今まで触れる機会のなかった読者を対象とした、文字通りの“超”入門書。大部な地方自治法の中から、法制に直接携わることのない普通の職員が最低限知っておくべき基礎中の基礎を分かりやすく説き起こす。

目次

Chap1 地方自治とはなにか
Chap2 地方自治の「むかしといま」
Chap3 自治体にはどのようなものがあるか
Chap4 自治体の住民
Chap5 自治体のしごと─自治事務と法定受託事務
Chap6 国は自治体のしごとに口出しできるか─関与のしくみ
Chap7 自主行政権①─自治体の経済活動とまちづくりの手法
Chap8 自主行政権②─決まりを守らない住民への対処と情報公開・個人情報保護
Chap9 自主財政権
Chap10 自主立法権
Chap11 自治体の組織①─議会と長
Chap12 自治体の組織②─委員会と委員、議会と長の関係、監査のしくみ
Chap13 住民による自治体のチェック─住民監査請求と住民訴訟
Chap14 公の施設の管理
Chap15 自治体職員が守るべき約束事─地方公務員法

商品の特色

〇大好評の『自治体職員のための ようこそ地方自治法』第3版!

〇2020年4月1日施行となる「会計年度任用職員制度」について新たに記載!

〇地方自治法をさらに追究したい方のために同著『地方自治法の現代的課題』の該当頁を新たに記載!

〇今まで「地方自治法」に触れる機会のなかった読者が最低限おさえておくべき要点を解説しています。  

〇難しい言い回しを避け、初学者にもとっつきやすく、法律書特有の難解な用語を極力用いない工夫をしています。

〇条文は大事なところだけを引用し、注はコラムとして掲載しているので、スムーズに理解できます。

〇分かりにくいところには図を用いるなど、わかりやすく解説しています。

 

■本書をテキストに、著者の板垣勝彦先生がYouTubeにて「地方自治法」の講義動画をUPしています。板垣勝彦先生のホームページにて、章ごとの講義動画を閲覧することが可能です。ぜひご覧ください。

 

板垣勝彦先生ホームページアドレス

https://kibatai2004.com/localgovernmentlaw/

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ