ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 要件事実国際私法(1)国際取引法

送料無料キャンペーン

要件事実国際私法(1)国際取引法

国際私法と準拠法の連結点を踏まえて必要な要件事実を理解し、訴訟の見通しを立てることができる唯一の書。

在庫あり

定価

定価

9,900 (本体:9,000円) 在庫あり

編著者名

大江 忠 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-07279-4
発刊年月日 2020-12-25
判型 A5判/C3332
ページ数 588
巻数 /要件国際私法1
商品コード 072793

商品概要

法の適用に関する通則法、国際民事訴訟法、準拠法の関係を踏まえて、要件事実を整理し、具体的な紛争を想定した設例をもとに解説。「第1巻 国際取引法」では、法の適用に関する通則法第1章総則から第3章第4節「債権」に加えて、7つの補節を収録。

目次

第1 編 法の適用に関する通則法(前半)
 第1 章 総則[第1 条]
 第2 章 法律に関する通則[第2 条、第3 条]
 第3 章 準拠法に関する通則
  第1 節 人
   第1 権利能力
   第2 行為能力[第4 条-第6 条]
   第3 法人
   第4 外国人及び外国法人の日本における私法上の地位
  第2 節 法律行為
   第1 当事者による準拠法の選択[第7 条]
   第2 当事者による準拠法の選択がない場合[第8 条]
   第3 その他[第9 条-第12 条]
   第4 代理
  第3 節 物権等[第13 条]
  第4 節 債権
   第1 事務管理及び不当利得[第14 条-第16 条]
   第2 不法行為[第17 条-第22 条]
   第3 債権譲渡
    その1 債権譲渡の成立及び当事者間の効力
    その2 債権譲渡の債務者その他の第三者に対する効力[第23 条]
  補節1 三面的債権関係(債権譲渡を除く)
   第1 債権の法律上移転
   第2 債権質
   第3 債権者代位権
   第4 債権者取消権(詐害行為取消権)
  補節2 債権の消滅
   第1 弁済
   第2 相殺
   第3 免除
   第4 更改
   第5 混同
   第6 消滅時効・出訴期間
  補節3 海事
   第1 船舶先取特権
   第2 船舶の公海上の衝突
   第3 共同海損
   第4 海難救助
   第5 国際海上物品運送
  補節4 保険
  補節5 知的財産権
   第1 特許権侵害の準拠法
   第2 特許権譲渡の準拠法
   第3 著作権侵害の準拠法
   第4 著作権譲渡契約の準拠法
   第5 不正競争防止法
   第6 真正商品の並行輸入
  補節6 通貨・支払方法
  補節7 信託
(資料)法例と法の適用に関する通則法の対比表

▼もっと見る

商品の特色

・法の適用に関する通則法、国際民事訴訟法、準拠法の関係を踏まえて必要な要件事実を理解することができ、訴訟の見通しを立てることができる。

・国際私法について設例をあげて解説した唯一の書。

・要件事実を整理し、具体的な紛争を想定した設例をもとに解説。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ