ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 要件事実国際私法(3)国際民事手続法

買い忘れありませんかキャンペーン実施中

要件事実国際私法(3)国際民事手続法

国際私法について、具体的な紛争を想定した設例をもとに必要な要件事実を理解することができる唯一の書。

在庫あり

定価

定価

11,440 (本体:10,400円) 在庫あり

編著者名

大江 忠 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-07339-5
発刊年月日 2020-12-25
判型 A5判/C3332
ページ数 600
巻数/略称 /要件国際私法3価
商品コード 073395

商品概要

法の適用に関する通則法、国際民事訴訟法、準拠法の関係を踏まえて、要件事実を整理し、具体的な紛争を想定した設例をもとに解説。「第3巻 国際民事手続法」では、広義の国際私法に属するとされる国際民事訴訟法、国際仲裁法などを収録。

目次

第3 編 国際民事訴訟法
 第1 章 国際裁判管轄
  第1 節 民事訴訟法上の「日本の裁判所の管轄権」
  第2 節 裁判権免除
  第3 節 人事・家事事件の国際裁判管轄
   第1 人事訴訟の国際裁判管轄
   第2 家事事件の国際裁判管轄
  第4 節 民事保全事件の管轄権
 第2 章 当事者
  第1 節 当事者能力
  第2 節 訴訟能力及び訴訟無能力者の法定代理
  第3 節 当事者適格
  第4 節 訴えの利益
 第3 章 訴訟手続
  第1 節 国際訴訟の訴状・呼出状の送達手続
   第1 我が国で係属している訴訟のために外国で送達を行なう場合(送達の嘱託)
   第2 外国で係属している訴訟のために我が国で送達を行なう場合(送達の受託)
  第2 節 国際証拠調べ
   第1 証拠調べの受託
   第2 証拠調べの嘱託
   第3 立証責任
 第4 章 国際訴訟競合
  第1 節 日本で国際訴訟競合が提起された場合
  第2 節 外国確定判決と抵触する内国確定判決の存在
 第5 章 外国判決の承認・執行
 第6 章 国際商事仲裁
  第1 節 仲裁の合意
  第2 節 外国仲裁判断の承認・執行
   第1 外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約(ニューヨーク条約)
   第2 二国間条約に基づく仲裁判断の承認・執行
   第3 仲裁法に基づく仲裁判断の承認・執行
 第7 章 国際倒産

▼もっと見る

商品の特色

・法の適用に関する通則法、国際民事訴訟法、準拠法の関係を踏まえて必要な要件事実を理解することができ、訴訟の見通しを立てることができる。

・国際私法について設例をあげて解説した唯一の書。

・要件事実を整理し、具体的な紛争を想定した設例をもとに解説。

  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ