ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 実践弁護士業務 実例と経験談から学ぶ 資料・証拠の調査と収集<第2版>

第一法規ストア送料無料!

「ストレスリリーサー」プレゼントキャンペーン

※要エントリー:ご注文フォーム内のメッセージ欄に必ず「ぷにぷに希望」とご入力ください。

実践弁護士業務 実例と経験談から学ぶ 資料・証拠の調査と収集<第2版>

弁護士が、受任案件に応じて収集する資料や証拠の「調査収集方法」とその「見方・評価」がわかり、陥りやすい失敗を避けるための勘所を先輩弁護士の失敗談からも学べる解説書!

在庫あり

定価

定価

4,180 (本体:3,800円) 在庫あり

編著者名

第一東京弁護士会第一倶楽部 編著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-09275-4
発刊年月日 2024-02-06
判型 A5判/C2032
ページ数 272
巻数/略称 /弁護士証拠調査2
商品コード 092759

商品概要

弁護士が、訴訟や交渉などの案件に応じて必要な「資料や証拠の調査収集方法」が理解できるだけでなく、「資料や証拠の見方・評価」がわかるようになる実践書。2019年2月に初版を発行してから4年半、引用文献や書式のアップデート、財産開示手続やプロバイダ責任制限法などの法改正に対応した大好評書籍の待望の第2版!

目次

はしがき
執筆者一覧
凡例

第1章 弁護士業務に関わる資料とその調査・収集方法
Ⅰ はじめに
Ⅱ 調査・資料収集が必要となる具体的場面
1 離婚事案
2 遺産分割事案
3 貸金回収事案
4 交通事故事案
5 不動産事案

第2章 基本的な資料の収集~まずは押さえておきたい公的書類とその取得方法
Ⅰ 職務上請求の基本
1 職務上請求とは
2 職務上請求等の根拠
Ⅱ 職務上請求の具体的な方法
1 請求書の種類
2 各請求書の記載方法と取扱い
3 請求の方法
経験談① 定額小為替とは?
経験談② 事務職員はOK、イソ弁はダメって!?
経験談③ 住民票の閲覧制限
4 記載事項の注意点
経験談④ 後見人が被後見人の相続人をあらかじめ調査する方法
5 本人通知制度
6 職務上請求書の管理
経験談⑤ 職務上請求等の不正利用による懲戒事例
Ⅲ 戸籍謄本
1 戸籍の記載
2 戸籍の辿り方
―具体的サンプルで「出生から死亡までのつながった戸籍」を揃えてみよう
経験談⑥ 海外の戸籍事情
Ⅳ 住民票(B用紙及びD用紙で取得する証明書)
1 はじめに
2 住民票の記載事項
3 B用紙(D用紙)を利用して取得・閲覧できるその他の資料
4 外国人の住民票
経験談⑦ 在留カードと外国人の住民票から分かること
Ⅴ 不動産登記
1 不動産登記事項証明書の取得
2 不動産登記の読み方
3 不動産登記の活用
経験談⑧ 勝手に不動産登記申請をしたのは誰?
4 不動産登記にまつわるトピックス
経験談⑨ 鑑定評価額よりも重要な鑑定評価書のポイント
Ⅵ 商業登記
1 商業登記の種類
経験談⑩ 個人商人の商業登記
2 商業登記事項証明書の取得
3 商業登記に付属する情報
4 会社の調査と商業登記
Ⅶ その他
1 固定資産評価証明書と固定資産公課証明書
経験談⑪ 所有権に基づく不動産の明渡請求の訴額算定方法とは?
経験談⑫ 面積が分からない建物の目的物の価額
経験談⑬ 税務署と都道府県税事務所
経験談⑭ 公課証明書取得の際には、競売申立書も提出
2 自動車登録事項等証明書(検査事項等証明書)
経験談⑮ 運輸支局・自動車検査登録事務所とは?

第3章 弁護士会照会
Ⅰ 弁護士会照会制度の概要(法的根拠など)
1 弁護士会照会制度とは
2 弁護士会照会制度の仕組み
3 弁護士会照会制度の実情
4 弁護士会照会制度に関する弁護士会内の具体的規律
5 照会先の報告義務の根拠
Ⅱ 弁護士会照会手続の流れ
1 照会の申出
2 照会申出の審査
3 照 会
4 照会申出に当たっての注意事項
5 照会申出の可否が問題となり得る場面
6 その他弁護士会照会を利用するに当たっての留意事項
Ⅲ 弁護士会照会が利用できる場面及び照会先ごとのポイント
1 はじめに
2 資産調査型の主な弁護士会照会
3 所在調査型の主な弁護士会照会
4 証拠収集型の主な弁護士会照会
経験談⑯ 「該当なし」は要注意
経験談⑰ Suica利用履歴の調査
経験談⑱ 預貯金の全店照会と生命保険の一括照会請求
経験談⑲ 監視カメラ映像と弁護士会照会~消される前に押さえておく!
経験談⑳ 弁護士会照会によって入手した情報の使い方
経験談㉑ 弁護士会照会はやればよいというものではない!
経験談㉒ 「ウソつき」立証のための出入国記録調査

第4章 裁判上の証拠収集
Ⅰ 提訴前における証拠収集
1 総 論
2 提訴予告通知(民訴法132条の2)
3 提訴前照会(民訴法132条の2)
4 提訴前における証拠収集処分(民訴法132条の4)
経験談㉓ 提訴前の証拠収集処分の利活用
Ⅱ 提訴後の証拠収集方法
1 文書送付嘱託(民訴法226条)
経験談㉔ 裁量あります
2 調査嘱託(民訴法186条)
3 鑑定嘱託(民訴法218条)
4 検証物送付嘱託(民訴法232条、226条)
5 文書提出命令(民訴法223条)
6 検証物提示命令(民訴法232条)
7 訴訟記録の取寄せ
8 財産開示(民執法196条~203条)
Ⅲ 証拠保全
1 総 論
2 証拠保全の要件
3 証拠保全に対する不服申立て
4 証拠保全の相手方の対応について
経験談㉕ 証拠保全の実務
経験談㉖ 送達後の「逃走」!

第5章 その他の証拠収集方法
Ⅰ 発信者情報開示請求
1 インターネットサービスの仕組み
2 開示請求の基本的流れ
3 開示請求の具体的方法
経験談㉗ ログの保存請求にログの特定はどこまで必要か
経験談㉘ 発信者情報開示請求は諸刃の剣
Ⅱ 情報公開・個人情報開示請求等
1 情報公開制度
2 個人情報保護制度
3 活用の具体例
経験談㉙ 戸籍の届書の公開
経験談㉚ 入国管理局関係の事件と個人情報開示

事項索引
判例索引
編集後記

▼もっと見る

商品の特色

○手続・手順の解説だけでなく、戸籍・登記等の分かりづらい資料については実例にコメントを付したうえで解説
○実際の対応場面で判断に迷うケースにおける具体的な調査・収集方法、収集した資料・証拠の読み方等について解説
○経験の浅い弁護士が実際の業務の場面で失敗を避けられるよう、先輩弁護士の「経験談(失敗談)」を豊富に紹介

  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ