ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 事実認定体系<契約総論編>

事実認定体系<契約総論編>

民法の条文ごとに裁判における事実認定のポイント、判断基準がわかる!
法律相談や裁判における主張立証方針の検討に必携・必読の書!

定価

4,950 (本体:4,500円)  

編著者名

村田 渉 編著

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06603-8
発刊年月日 2019-12-18
判型 A5判/C3332
ページ数 394
巻数 /事実認定契総
商品コード 066035
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)

商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

民法の条文ごとに事実認定のポイント・判断基準がわかる唯一の書。民事裁判実務の第一線で活躍する裁判官が、最高裁から地裁まで裁判例を丁寧に整理・分析。各条の意義・法律要件・法律効果をコンパクトに収録。債権法改正の趣旨、要件・効果の変更点を明示。条文や判例の位置付けがどのように変わったかがわかる。

目次

第3編 債権
第2章 契約
 第1節 総則
  第1款 契約の成立 【第521条~第532条】
  第2款 契約の効力 【第533条~第539条】
  第3款 契約上の地位の移転 【第539条の2】
  第4款 契約の解除 【第540条~第548条】
  第5款 定型約款 【第548条の2~第548条の4】
事項索引
判例索引

商品の特色

〇民法第3編第2章「契約」第1節「総則」(第521条~第548条の4)を収録。

〇典型契約を網羅した『新訂 契約各論編』(全3巻・第549条~第696条)に続く、本シリーズ最新刊。

〇改正債権法に完全対応!

〇民事裁判実務の第一線で活躍する裁判官が執筆。

〇事実認定を切り口に、最高裁から地裁まで、裁判例を民法の体系に沿って分析・整理。

★逐条形式で各裁判例の位置づけを明らかにし、法律要件に関する事実認定で何が重要か、メルクマールとなるか、「事実認定のルールや手法、留意点」を提示!

★一見すると事案ごとの判断に見える裁判例のなかに、事実認定についての共通の判断基準を見出す書籍!

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ