ホーム > 業種・職種 > 税務 > 図解でわかる「みなし相続財産」の基本と課税関係―保険金・退職手当金・定期金・信託受益権―

図解でわかる「みなし相続財産」の基本と課税関係―保険金・退職手当金・定期金・信託受益権―

生命保険金、退職手当金、定期金、信託受益権など、みなし相続財産の複雑な課税関係を図解形式でわかりやすく解説。

定価

5,060 (本体:4,600円) 在庫あり

編著者名

武藤健造 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 税務
ISBN 978-4-474-06857-5
発刊年月日 2020-02-04
判型 A5判/C2033
ページ数 320
巻数 / 税みなし相続財産
商品コード 068577

商品概要

最近利用が増えている保険や信託をはじめ、様々な形態の「みなし相続財産」について、その基本的な仕組みを解説し、複雑な課税関係を図解形式でわかりやすく整理・解説する。

目次

はじめに

第1章 生命保険金等
 第1節 生命保険金・死亡に伴う損害保険金
 第2節 生命保険契約に関する権利

第2章 退職手当金等

第3章 定期金に関する権利
 第1節 定期金に関する権利
 第2節 保証期間付定期金に関する権利
 第3節 契約に基づかない定期金に関する権利
 第4節 贈与財産とみなされる定期金に関する権利

第4章 その他のみなし遺贈財産
 第1節 特別縁故者に対する相続財産の分与
 第2節 特別寄与料

第5章 信託に関する権利
 第1節 信託とは
 第2節 信託に関する課税関係
 第3節 受益者連続型信託の特例
 第4節 受益者等が存しない信託等の特例

第6章 その他のみなし贈与・遺贈財産等
 第1節 低額譲受
 第2節 債務免除等
 第3節 その他の利益の享受
 第4節 被相続人から相続開始前3年以内に贈与を受けていた財産
 第5節 相続等により財産を取得しなかった相続時精算課税適用者
 第6節 持分の定めのない法人から特別の利益を受ける個人に対する課税

参考法令等
 相続税法(抄)
 相続税法施行令(抄)
 相続税法施行規則(抄)
 相続税法基本通達(抄)
 財産評価基本通達(抄)

商品の特色

○「みなし相続財産」の財産・権利関係から複雑な課税関係まで、図解形式でわかりやすく整理・解説!

○相続税法上「みなし相続財産」として扱われる様々な財産を取り上げ、本来の相続財産以外の課税財産も漏れなく把握できる。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ