ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 論点体系 会社法<第2版>6

論点体系 会社法<第2版>6

令和元年改正に対応した第2版【全6巻】。判例と実務の現状が瞬時にわかる!

在庫あり

定価

定価

5,500 (本体:5,000円) 在庫あり

編著者名

編著 江頭憲治郎 中村直人

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05958-0
発刊年月日 2021-04-28
判型 A5判/C3332
ページ数 696
巻数 /論点会社法2版6
商品コード 059584

商品概要

6巻は【第803条~第979条】を収録。最新の法改正・裁判例・実務動向を反映した第2版。会社法における判例と実務の現状を逐条形式で解説。実務上の問題点(論点)を網羅し、実務家の抱えている問題の迅速な解決に寄与する、会社法とその関連制度全体の解説書。

目次

はしがき
編集・執筆者一覧
凡 例

第 5 編 組織変更、合併、会社分割、株式交換、株式移転及び株式交

第 5 章 組織変更、合併、会社分割、株式交換、株式移転及び株式
交付の手続
第 3 節 新設合併等の手続
第 1 款 新設合併消滅会社、新設分割会社及び株式移転完全子会社
の手続
第 1 目 株式会社の手続
第803条(新設合併契約等に関する書面等の備置き及び閲覧等)……(酒井真)
第804条(新設合併契約等の承認) ……………………………(同)
第805条(新設分割計画の承認を要しない場合) ……………(同)
第805条の2(新設合併等をやめることの請求) ……………(同)
第806条(反対株主の株式買取請求) …………………(篠原倫太郎)
第807条(株式の価格の決定等) ………………………………(同)
第808条(新株予約権買取請求) ………………………………(同)
第809条(新株予約権の価格の決定等) ………………………(同)
第810条(債権者の異議) ………………………………(久保田修平)
第811条(新設分割又は株式移転に関する書面等の備置き及び閲覧等) ………(酒井真)
第812条(剰余金の配当等に関する特則) ………………(林浩美)

第 2 目 持分会社の手続
第813条 ………………………………………………………(酒井真)

第 2 款 新設合併設立会社、新設分割設立会社及び株式移転設立完全親会社の手続
第 1 目 株式会社の手続
第814条(株式会社の設立の特則) ………………………(浦岡洋)
第815条(新設合併契約等に関する書面等の備置き及び閲覧等) ……(酒井真)

第 2 目 持分会社の手続
第816条(持分会社の設立の特則) ………………………(浦岡洋)

第 4 節 株式交付の手続
第816条の2(株式交付計画に関する書面等の備置き及び閲覧等)………(酒井真)
第816条の3(株式交付計画の承認等) ………………………(同)
第816条の4(株式交付計画の承認を要しない場合等) ……(同)
第816条の5(株式交付をやめることの請求) ………………(同)
第816条の6(反対株主の株式買取請求) ……………………(同)
第816条の7(株式の価格の決定等) …………………………(同)
第816条の8(債権者の異議) …………………………………(同)
第816条の9(株式交付の効力発生日の変更) ………………(同)
第816条の10(株式交付に関する書面等の備置き及び閲覧等) ………(同)

第 6 編 外国会社
第817条(外国会社の日本における代表者) …(金子圭子・石川祐)
第818条(登記前の継続取引の禁止等) ………………………(同)
第819条(貸借対照表に相当するものの公告) ………………(同)
第820条(日本に住所を有する日本における代表者の退任) ………(同)
第821条(擬似外国会社) ………………………………………(同)
第822条(日本にある外国会社の財産についての清算) ……(同)
第823条(他の法律の適用関係) ………………………………(同)

第 7 編 雑 則
第 1 章 会社の解散命令等
第 1 節 会社の解散命令
第824条(会社の解散命令) ……………………………(明田川昌幸)
第825条(会社の財産に関する保全処分) ……………………(同)
第826条(官庁等の法務大臣に対する通知義務) ……………(同)

第 2 節 外国会社の取引継続禁止又は営業所閉鎖の命令
第827条 ……………………………………………………………(同)

第 2 章 訴 訟
第 1 節 会社の組織に関する訴え
第828条(会社の組織に関する行為の無効の訴え) ……(得津晶)
第829条(新株発行等の不存在の確認の訴え)…………(品谷篤哉)
第830条(株主総会等の決議の不存在又は無効の確認の訴え) ……(同)
第831条(株主総会等の決議の取消しの訴え) ………………(同)
第832条(持分会社の設立の取消しの訴え) ……………(得津晶)
第833条(会社の解散の訴え) …………………………………(同)
第834条(被告) …………………………………………………(同)
第835条(訴えの管轄及び移送) ………………………………(同)
第836条(担保提供命令) ………………………………………(同)
第837条(弁論等の必要的併合) ………………………………(同)
第838条(認容判決の効力が及ぶ者の範囲) …………………(同)
第839条(無効又は取消しの判決の効力) ……………………(同)
第840条(新株発行の無効判決の効力) ………………………(同)
第841条(自己株式の処分の無効判決の効力) ………………(同)
第842条(新株予約権発行の無効判決の効力) ………………(同)
第843条(合併又は会社分割の無効判決の効力) ……………(同)
第844条(株式交換又は株式移転の無効判決の効力) ………(同)
第844条の2(株式交付の無効判決の効力) …………………(同)
第845条(持分会社の設立の無効又は取消しの判決の効力)…………(同)
第846条(原告が敗訴した場合の損害賠償責任) ……………(同)

第 1 節の 2  売渡株式等の取得の無効の訴え
第846条の2(売渡株式等の取得の無効の訴え)………(前田修志)
第846条の3(被告) ……………………………………………(同)
第846条の4(訴えの管轄) ……………………………………(同)
第846条の5(担保提供命令) …………………………………(同)
第846条の6(弁論等の必要的併合) …………………………(同)
第846条の7(認容判決の効力が及ぶ者の範囲) ……………(同)
第846条の8(無効の判決の効力) ……………………………(同)
第846条の9(原告が敗訴した場合の損害賠償責任) ………(同)

第 2 節 株式会社における責任追及等の訴え
第847条(株主による責任追及等の訴え) ………………(澤口実)
第847条の2 (旧株主による責任追及等の訴え) …………(同)
第847条の3 (最終完全親会社等の株主による特定責任追及の訴え) ………(同)
第847条の4 (責任追及等の訴えに係る訴訟費用等) ………(同)
第848条(訴えの管轄) …………………………………………(同)
第849条(訴訟参加) ……………………………………………(同)
第849条の2 (和解) ……………………………………………(同)
第850条 ……………………………………………………………(同)
第851条(株主でなくなった者の訴訟追行) …………………(同)
第852条(費用等の請求) ………………………………………(同)
第853条(再審の訴え) …………………………………………(同)

第 3 節 株式会社の役員の解任の訴え
第854条(株式会社の役員の解任の訴え)………………(前田修志)
第855条(被告) …………………………………………………(同)
第856条(訴えの管轄) …………………………………………(同)

第 4 節 特別清算に関する訴え
第857条(役員等の責任の免除の取消しの訴えの管轄) ………(山崎良太)
第858条(役員等責任査定決定に対する異議の訴え) ………(同)

第 5 節 持分会社の社員の除名の訴え等
第859条(持分会社の社員の除名の訴え)………………(前田修志)
第860条(持分会社の業務を執行する社員の業務執行権又は代表権の消滅の訴え) ……(同)
第861条(被告) …………………………………………………(同)
第862条(訴えの管轄) …………………………………………(同)

第 6 節 清算持分会社の財産処分の取消しの訴え
第863条(清算持分会社の財産処分の取消しの訴え) …(綾克己)
第864条(被告) …………………………………………………(同)

第 7 節 社債発行会社の弁済等の取消しの訴え
第865条(社債発行会社の弁済等の取消しの訴え) …………(同)
第866条(被告) …………………………………………………(同)
第867条(訴えの管轄) …………………………………………(同)
第 3 章 非 訟
第 1 節 総 則
第868条(非訟事件の管轄)………………………………(阿多博文)
第869条(疎明) …………………………………………………(同)
第870条(陳述の聴取) …………………………………………(同)
第870条の2 (申立書の写しの送付等) ………………………(同)
第871条(理由の付記) …………………………………………(同)
第872条(即時抗告) ……………………………………………(同)
第872条の2 (抗告状の写しの送付等) ………………………(同)
第873条(原裁判の執行停止) …………………………………(同)
第874条(不服申立ての制限) …………………………………(同)
第875条(非訟事件手続法の規定の適用除外) ………………(同)
第876条(最高裁判所規則) ……………………………………(同)

第 2 節 新株発行の無効判決後の払戻金増減の手続に関する特則
第877条(審問等の必要的併合) ………………………………(同)
第878条(裁判の効力) …………………………………………(同)

第 3 節 特別清算の手続に関する特則
第 1 款 通 則
第879条(特別清算事件の管轄)…………………………(山崎良太)
第880条(特別清算開始後の通常清算事件の管轄及び移送)…………(同)
第881条(疎明) …………………………………………………(同)
第882条(理由の付記) …………………………………………(同)
第883条(裁判書の送達) ………………………………………(同)
第884条(不服申立て) …………………………………………(同)
第885条(公告) …………………………………………………(同)
第886条(事件に関する文書の閲覧等) ………………………(同)
第887条(支障部分の閲覧等の制限) …………………………(同)

第 2 款 特別清算の開始の手続に関する特則
第888条(特別清算開始の申立て) ……………………………(同)
第889条(他の手続の中止命令) ………………………………(同)
第890条(特別清算開始の命令) ………………………………(同)
第891条(担保権の実行の手続等の中止命令) ………………(同)

第 3 款 特別清算の実行の手続に関する特則
第892条(調査命令) ……………………………………………(同)
第893条(清算人の解任及び報酬等) …………………………(同)
第894条(監督委員の解任及び報酬等)………………………(同)
第895条(調査委員の解任及び報酬等) ………………………(同)
第896条(事業の譲渡の許可の申立て) ………………………(同)
第897条(担保権者が処分をすべき期間の指定) ……………(同)
第898条(清算株式会社の財産に関する保全処分等) ………(同)
第899条(役員等責任査定決定) ………………………………(同)
第900条(債権者集会の招集の許可の申立てについての裁判) ……(同)
第901条(協定の認可又は不認可の決定) ……………………(同)

第 4 款 特別清算の終了の手続に関する特則
第902条(特別清算終結の申立てについての裁判) …………(同)

第 4 節 外国会社の清算の手続に関する特則
第903条(特別清算の手続に関する規定の準用) ……………(同)

第 5 節 会社の解散命令等の手続に関する特則
第904条(法務大臣の関与) ……………………………(明田川昌幸)
第905条(会社の財産に関する保全処分についての特則) …(同)
第906条 ……………………………………………………………(同)

第 4 章 登 記
第 1 節 総 則
第907条(通則)……………………………………………(舩津浩司)
第908条(登記の効力) …………………………………………(同)
第909条(変更の登記及び消滅の登記) ………………………(同)
第910条(登記の期間) …………………………………………(同)

第 2 節 会社の登記
第911条(株式会社の設立の登記)………………………(鈴木龍介)
第912条(合名会社の設立の登記) ……………………………(同)
第913条(合資会社の設立の登記) ……………………………(同)
第914条(合同会社の設立の登記) ……………………………(同)
第915条(変更の登記) …………………………………………(同)
第916条(他の登記所の管轄区域内への本店の移転の登記)…………(同)
第917条(職務執行停止の仮処分等の登記) …………………(同)
第918条(支配人の登記) ………………………………………(同)
第919条(持分会社の種類の変更の登記) ……………………(同)
第920条(組織変更の登記)………………………………………(同)
第921条(吸収合併の登記) ……………………………………(同)
第922条(新設合併の登記) ……………………………………(同)
第923条(吸収分割の登記) ……………………………………(同)
第924条(新設分割の登記) ……………………………………(同)
第925条(株式移転の登記) ……………………………………(同)
第926条(解散の登記) …………………………………………(同)
第927条(継続の登記) …………………………………………(同)
第928条(清算人の登記) ………………………………………(同)
第929条(清算結了の登記) ……………………………………(同)
第930条から第932条まで 削除…………………………………(同)

第 3 節 外国会社の登記
第933条(外国会社の登記) ……………………………………(同)
第934条(日本における代表者の選任の登記等) ……………(同)
第935条(日本における代表者の住所の移転の登記等) ……(同)
第936条(日本における営業所の設置の登記等) ……………(同)

第 4 節 登記の嘱託
第937条(裁判による登記の嘱託) ……………………………(同)
第938条(特別清算に関する裁判による登記の嘱託) ………(同)

第 5 章 公 告
第 1 節 総 則
第939条(会社の公告方法) ………………………………(十市崇)
第940条(電子公告の公告期間等) ……………………………(同)

第 2 節 電子公告調査機関
第941条(電子公告調査) ………………………………………(同)
第942条(登録) …………………………………………………(同)
第943条(欠格事由) ……………………………………………(同)
第944条(登録基準) ……………………………………………(同)
第945条(登録の更新) …………………………………………(同)
第946条(調査の義務等) ………………………………………(同)
第947条(電子公告調査を行うことができない場合) ………(同)
第948条(事業所の変更の届出) ………………………………(同)
第949条(業務規程) ……………………………………………(同)
第950条(業務の休廃止) ………………………………………(同)
第951条(財務諸表等の備置き及び閲覧等) …………………(同)
第952条(適合命令) ……………………………………………(同)
第953条(改善命令) ……………………………………………(同)
第954条(登録の取消し等) ……………………………………(同)
第955条(調査記録簿等の記載等) ……………………………(同)
第956条(調査記録簿等の引継ぎ) ……………………………(同)
第957条(法務大臣による電子公告調査の業務の実施) ……(同)
第958条(報告及び検査) ………………………………………(同)
第959条(公示) …………………………………………………(同)

第 8 編 罰 則
第960条(取締役等の特別背任罪)………………………(葉玉匡美)
第961条(代表社債権者等の特別背任罪) ……………………(同)
第962条(未遂罪) ………………………………………………(同)
第963条(会社財産を危うくする罪) …………………………(同)
第964条(虚偽文書行使等の罪) ………………………………(同)
第965条(預合いの罪) …………………………………………(同)
第966条(株式の超過発行の罪) ………………………………(同)
第967条(取締役等の贈収賄罪) ………………………………(同)
第968条(株主等の権利の行使に関する贈収賄罪) …………(同)
第969条(没収及び追徴) ………………………………………(同)
第970条(株主等の権利の行使に関する利益供与の罪) ……(同)
第971条(国外犯) ………………………………………………(同)
第972条(法人における罰則の適用) …………………………(同)
第973条(業務停止命令違反の罪) ……………………………(同)
第974条(虚偽届出等の罪) ……………………………………(同)
第975条(両罰規定) ……………………………………………(同)
第976条(過料に処すべき行為) ………………………………(同)
第977条 ……………………………………………………………(同)
第978条 ……………………………………………………………(同)
第979条 ……………………………………………………………(同)

事項索引
判例索引

▼もっと見る

商品の特色

6巻:組織再編Ⅱ、外国会社、雑則、罰則【第803条~第979条】

~令和元年会社法改正に対応~
●特色1:実務に精通した執筆陣!
実務に精通した研究者、会社法分野専門の弁護士等がその得意分野を活かした条文を執筆していますので、実務での利用場面を意識した解説として有効です。
●特色2:実務上の問題点(論点)を端的に解説!
その条文の持つ論点を端的に解説していますので、問題の迅速な解決につながります。
すべての条に「条文の概要」を記載し、その条文の意味合いが把握できるよう編集しています。
●特色3:会社法以外の法律も!
本書は会社法とその周辺の法律、金融商品取引法、独占禁止法、労働法、租税法、倒産関係法などの論点も、会社法の条文に関連する問題として登載していますので複数の法律にまたがる問題の解決に役立ちます。
●特色4:さらに金融商品取引所の規則等も!
本書は法律以外の規定・ルールについても該当する会社法の条文に合わせて検討対象としていますので、問題の総合的な理解が可能になります。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ