ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > あるある事例を徹底解説!弁護士が教えるケアマネのための高齢者生活トラブル対応・予防のポイント

あるある事例を徹底解説!弁護士が教えるケアマネのための高齢者生活トラブル対応・予防のポイント

高齢者のあるある事例を弁護士が徹底解説!

在庫あり

定価

定価

2,420 (本体:2,200円) 在庫あり

編著者名

真下美由起 著/高室成幸 編集協力

  • 新刊
  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-07622-8
発刊年月日 2021-10-27
判型 A5判/C2036
ページ数 132
巻数 /ケアマネトラブル
商品コード 076224

商品概要

契約問題、ゴミ処理、ハラスメント、万引き、認知症による徘徊等々…ケアマネが、現場で遭遇し法律問題に発展しそうなさまざまなトラブルを例示し、臨機応変に対応できるよう法的観点からその留意点と対策のポイントをつかむことができる事例解説書

目次

はじめに

第1章 高齢者トラブルのいろいろ

第2章 高齢者トラブル「あるある事例」から学ぶ予防と対策のポイント
case 01 テレビショッピングで不用品を買い込んでしまった
case 02 クレジットカードで高額の買い物をしてしまった
case 03 屋根の点検業者に高額の工事をされてしまった
case 04 訪問してきた業者に宝飾品を安く売ってしまった
case 05 認知症の夫名義で契約している賃貸住宅の更新
case 06 父名義の土地を子どもが売ることはできる?
case 07 運転免許の返納をすすめるには
case 08 利用者の家の庭木が道路にはみ出している
case 09 利用者の家にごみがたまり始めている
case 10 認知症のある利用者が万引きしてしまった?
case 11 利用者によるストーカー&セクハラ
case 12 他人にけがをさせてしまった・けがをさせられた
case 13 利用者が友人に貸したお金を返してもらえない
case 14 徘徊して踏切に侵入しそうになった
case 15 利用者の自宅に市役所からの督促状が
case 16 入居予定の施設の事前面談、個人的なことに立ち入りすぎでは……?
case 17 デイサービスを提供している事業所のSNSに親の写真が投稿されてしまった
case 18 効力のある遺言書のつくり方
case 19 家族が利用者をどなりつけたり無視したりする
case 20 利用者の家族から介護サービスの解約・変更の申し出があった
case 21 ものを盗まれたと思い込んでしまう
case 22 同居人がケアプランに口出ししてくる
case 23 多額の現金を自宅で管理している

おわりに

▼もっと見る

商品の特色

23の高齢者のあるある事例について、基本的な法の理解を踏まえたうえで、Q&A形式で対応・予防のポイントを解説。根拠法や簡単な用語説明などもしっかり明記され安心の一冊。さらに、各事例の最後には「ムロさんの支援ポイント」としてケアマネジメント研修の第一人者である高室成幸氏の対応術も紹介。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ