ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > クレーム対応の「超」基本エッセンス 新訂版 エキスパートが実践する鉄壁の5ヶ条

クレーム対応の「超」基本エッセンス 新訂版 エキスパートが実践する鉄壁の5ヶ条

お客様相談室・店舗責任者&スタッフ、顧客担当部門責任者&担当者、企業経営層必読!悪質なクレームや要求と戦うすべての者たちに贈る、最強のクレーム対応書

定価

2,376 (本体:2,200円) 在庫あり

編著者名

株式会社エス・ピー・ネットワーク 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-06390-7
発刊年月日 2018-05-25
判型 A5判/C2032
ページ数 224
巻数 /クレーム対応
商品コード 063909

商品概要

多数の有名企業の危機管理を多角的にサポートする企業危機管理のエキスパート企業が、悪質クレームや不当要求対応の膨大な実績を踏まえた、誰でも・どんな組織でも実践できる「顧客満足を損なわない」、負けない、クレーム・不当要求対応の「型」を伝授。

目次

○第1部基本編

【序 章】
危機管理的顧客対応指針5ヶ条の趣旨
~顧客対応を取り巻く社会環境の変化を踏まえて~
【第1章】
危機管理的顧客対応指針5ヶ条による不当要求対応の実践ノウハウ
【第2章】
代表的な不当要求への対応例
【第3章】
電子メールやインターネット上での顧客対応に関する留意点
【第4章】
顧客対応リスクの変化を踏まえた戦略的視点と危機管理的顧客対応指針5ヶ条の内部統制的意義

○第2部事例編
【事例1】
お客様から商品の異常を訴えられた担当者が「お客様の主観的な問題」と認識し、重大事故の兆候を見逃した案件
【事例2】
外回り中に事故に遭遇した営業担当者の対応の不備から発生した案件
【事例3】
お客様からの電子メールでの問合せに対してメールで回答したところ、内容がエスカレートした案件
【事例4】
ストーカー的顧客が従業員の発言に難癖をつけて対応を迫ってきた案件
【事例5】
犯罪組織の名前で担当者に精神的圧力をかけ、不当な要求をする典型的なゆすり案件
【事例6】
顧客を名乗る人物が、子会社の不祥事を口実に、電話で会社の方針や見解について回答を求めてきた電凸案件
【事例7】
勤務状況に問題がある従業員に会社側の方針に基づく指導を行ったところ、従業員の親が乗り込んできた案件

商品の特色

○「お客様の声」と「不当要求」を見極めるシンプルな基準、種々のケースにおける実務対応について、豊富な事例を基に解説。とりわけハードな悪質クレーム対応でのエキスパートの実践ノウハウが実感とともに身につく。

○初版から、現場にとってさらに分かり易く且つロジカルに理解できる内容にブラッシュアップ。

 

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ